食品セクター

弊社の専門領域

食品セクター

alimentation 1

食品セクターの課題

店舗に近い土地が空いていることは珍しく、不動産価格も高騰する中で、求められているのは、コンパクトで異なる温度帯に対応できる在庫管理・荷揃え・配送ソリューションです。これらのソリューションは、店舗に隣接し、しばしば狭いスペースに限定されるドライブスルー受取、あ
るいは宅配サービスや近年都心部で急増しているピックアップサービスのための、高層倉庫から 店舗への配送に使われ、入出庫の激しいフローの処理が課題となっています。

alimentation 2

Exotecと自動化を進める理由は?

設置時間を記録的に短縮できた お かげで、お客様の生産性を急速に向上させることができます。食品の50%は単純な吸盤でピッキ ング可能ですから、SKYPICKER(SKYPICKER 動画へのリンク)を使って、荷揃えを最大限自 動化するご提案をしています。こうして、本セクターで要求される高い回転率と高品質なサービ スが実現します。さらに、ドライブスルー受取エリアまで3分以内の配達保証によって、お客様 は自分たちの顧客に対して受取時間の指定枠を増やすことが可能になり、売り上げ増加が見込ま
れます! フランスでは、すでに20カ所以上のドライブスルー受取スポットで、弊社のSKYPOD が荷揃え
作業に使われており、他の欧州の国々や米国でも様々な企業が弊社システムの導入を検討中です!

弊社の専門領域
  • Eコマース業

    ExotecのEコマース向け事業の歴史は、C-discount社から信頼を得て、自動化ソリューションを提供したことから始まりました。その後、C-discount社の物流拠点3カ所に弊社システムが次々に導入されたことで、その妥当性が証明されました。以来、流通の大手から中小企業にいたるまで、幅広い製品(繊維、文化産業製品、医薬部外品、化粧品、生活雑貨、食品等)を扱う多くのお客様にSKYPODシステムを提供し、信頼関係を構築しています。

  • 小売業

    オムニチャネル販売の広がりとともに、小売業はサプライチェーンのマスタープラン見直しを計っており、実店舗とECサイトのロジスティクスを分ける企業もあれば、逆に両者の在庫を連動させたり、運営を一元管理したりする動きも見られます。機械化が進んだ時にすでに経験済みですが、急速な成長が見込めるプラットフォームを持つ企業は、品揃えを加速度的に広げ、次々と新たなサービスを繰り出していくために、常に柔軟な対応が求められています。    

  • 製造・建設業

    自動車や建設業などの部品供給の物流は、扱う製品の多様性、密に張り巡らされた流通網、配送の少量化・高頻度化、複数拠点という特徴を持ち、複雑で高い柔軟性が求められます。

ニュースレター
ニュースレターを購読すると、今後のイベントやウェビナーなど、EXOTECの最新情報をお届けします。
ニュースレター購読

ニュースレター購読