Beer & Spirits Distributor - Case Study

共有

会社概要

米国最大級の規模を誇り、毎年数億ケースを全米の店舗に配送しているビールとスピリッツの販売会社。 同社は約18.6万平方メートル上の物流センターで数百のSKUを管理しています。

課題

クラフトビールやアルコール入り炭酸飲料のような飲料 への需要の高まりによってSKUの品揃えが拡大したため、このビール&スピリッツ販売会社にとっての大きな課題となりました 商品ラインナップの拡大がビジネスの成長に拍車をかけた一方、同時に在庫の長期化や、動きの遅い商品の保管やフルフィルメントにまつわる課題も生み出しました。 このビジネス成長により、倉庫の保管容量を増やす必要が生じ、将来の拡張に対応するため、よりスペース効率の高いソリューションが求められるようになりました。

手作業によるピッキング作業では、大勢の従業員が重量のある個々のケースを扱う肉体労働をせざるをえませんでした。 また、フォークリフトの周囲を移動することもあり、安全上の危険が伴う作業でもありました。 さらに、労働力不足も問題を深刻化させ、特に繁忙期には十分な労働力を確保することが難しくなっていました。

これらすべての要因が、非効率的な保管と検索プロセスを招き、ビジネス成長の妨げとなっていました。 このような課題に対処するため、同社は、業務を合理化し、従業員の負担を軽減し、在庫保管と検索プロセス全体の効率を高める高度な自動化システム導入の必要性を感じていました。

ソリューション

ロボットステーション補充用ステーション保管用トレー1時間当たりのトレー搬送ラックの高さシステム専有面積
361319,93090010.5 m1,000 m2(10,760 ft2

本Skypodシステムは、インテグレーター・パートナーのHy-Tek Intralogistics によって導入されました。

ソリューションがもたらすメリット

1. 生産性の向上

  • 1時間に900件以上のケースを自動的に保管・検索できるようになり、生産性が5倍に向上
  • トレイに収納されたケースを自動でピック・トゥ・オーダーし、出荷のための「トップオフ」ステーションへ適切な順序での配送
  • システム内の場所に関係なく、保管されているすべてのSKUに2分以内にアクセス

2. 労働効率の向上

  • ロボットと作業者との動線は完全に分離されており、ロボットが在庫をラックに収納し、注文された商品をシステム内のピッキングステーションに配送することで、安全上のリスクを軽減
  • 手作業労働への依存を減らし、その労力を品質管理など、より高次の業務への振り分け

関連するケーススタディ


さあ、あなたの倉庫にも進化を!