Exotecの自動搬送ロボット、3,000万km分の倉庫内歩行を削減

2023年6月26日

月と地球の37往復分に相当する距離をロボットが走行し、倉庫作業者の身体的負荷を大幅に軽減

今回、Exotec®が公表した公式データによると、2017年に最初のロボットが稼働してから28,791,005 kmの距離を走行し、商材を搬送したことが明らかになりました。これは月と地球37往復分の距離に相当します。Skypod®は、最も走行距離の長いサイトで500万km以上走行しており、走行距離上位10位までの拠点の平均走行距離は175万kmとなっています。

現在までに、ExotecのSkypodロボットは全世界で約2億3,000万サイクルを達成しています。Skypodでは1サイクルで4つの注文のピッキングを行うことが可能です。
※ロボットがラックからビンを取り出し、ピッキングステーションに搬送し、ラックにビンを戻すまでを1サイクルと定義

Exotecは創業以来急成長を遂げており、5年で1億サイクルに到達し、その後わずか1年で更に1億サイクルを達成しました。

2017年に最初のSkypodシステムがCdiscount社で稼働開始して以来、世界各拠点で導入されたシステムの累計稼働時間は42万5,000時間に上り、実に99%以上の稼働率を誇ります。これは日数にして18,000日、年数では50年に相当する稼働時間となります。ヨーロッパ以外に、Exotecの主要な顧客サイトの大半はアメリカと日本に所在しています。また、現時点における最大のお客様サイトでは、23万5,000ビンの保管容量を持っています。

Exotec共同創立者兼CTO ルノー・ハイツのコメント
「当社の急成長は、近年広がりつつある倉庫業界の安全性と生産性の向上という動向を如実に反映しています。当社が、これほど多くの人々の仕事に大きな変化をもたらしていることを実感し、熱意が更に高まっています。」

Exotecについて
Exotec は、世界最大手のブランド向けに、洗練されたGoods-to-personの倉庫ロボティクスソリューションを提供しています。当社では、業務効率化、耐障害性と回復力を高め、倉庫作業者の負荷を軽減し、労働条件を向上させるフレキシブルな倉庫システムを構築するため、最高性能のハードウェアとソフトウェアを組み合わせています。Carrefour、Decathlon、GAP、UNIQLOといった業界をリードする30以上のブランドがExotecを利用してオペレーションを改善し、ビジネスモデルや顧客の期待の急速な変化に対応し、利益を上げています。

詳しくは Exotec.com(https://www.exotec.com/ja/) をご参照ください。

<本件に関する報道関係者のお問い合わせ>
Exotec Nihon株式会社
Marketing Director 丹生 孝正
E-mail:marketing.japan@exotec.com

紹介する

共有