communiqué de presse

サプライチェーン改革実現に向け、ファーストリテイリングの戦略的グローバルパートナーシップに参加

サプライチェーン改革実現に向け、ファーストリテイリングの戦略的グローバルパートナーシップに参加

2019年11月13日 - 東京(日本)・パリ(フランス)

ロボット・ソリューションを提供するフランスのプロバイダExotec SASが本日、ファーストリテイリングが主導する戦略的グローバルパートナーシップに参加することを表明しました。産業用ロボットの知能化コントローラーを展開するMUJINも本パートナーシップに加わり、2018年10月に始まったマテハン機器の世界トップメーカーダイフクとのアライアンスを拡大します。

神保拓也グループ上席執行役員(株式会社ファーストリテイリング)|滝野一征CEO 兼 共同創業者(株式会社MUJIN)|柳井正代表取締役会長兼社長(株式会社ファーストリテイリング)|下代博代表取締役社長(株式会社ダイフク)|ロマン・ムランCEO(Exotec SAS)

「本日、ファーストリテイリングが、1年前のパートナーシップ締結に加え、新たに2社のパートナーを迎えることを喜ばしく思います。各社の卓越した専門性と経験を活用し、倉庫の自動化と、グローバルでの変革を強化することで、さらなるサプライチェーンの強化を目指します。適切な商品を、適切な時期に、適切な場所、適切な量、適正なタイミングでお客様にお届けする。この究極のサプライチェーンの実現をめざします」

神保拓也グループ上席執行役員(株式会社ファーストリテイリング)

戦略的グローバルパートナーシップ締結による取り組みについて

株式会社ファーストリテイリングは、この度のグローバルパートナーシップ締結に伴い、下記の取り組みを、より加速してまいります。

1.さらなる倉庫の自動化を推進

形状が柔らかく、商品種類も豊富なアパレル製品のピッキング作業は、これまで自動化が困難とされてきましたが、今回新たに、MUJINとモーションプランニングAIを用いたピッキングロボットを開発、全世界の倉庫に導入していき、倉庫の自動化を加速させます。

  1. 自動倉庫をグローバルに展開

今回のパートナーシップ締結を基に、海外においても倉庫自動化の展開を加速度的に推進してまいります。ダイフクとは、既に国内2拠点、海外2拠点の計4拠点、MUJINとは海外1拠点、Exotec Solutionsとも海外1拠点の倉庫自動化に着手しており、今後もこの取り組みを拡大していきます。

3.戦略的パートナーシップの拡大と人材採用の加速

究極のサプライチェーンの実現に向け、今後も最先端の技術を持つ企業とのパートナーシップを、さらに拡大していくと同時に、サプライチェーン改革の推進をリードできる人材の採用も積極的に求めていきます。

プレス窓口

カミーユ・ドゥヴィニュ
マーケティングコミュニケーション担当
communication@exotec.com