倉庫ロボティクス・プロバイダーのExotec
3つの革的新技術で製品ポートフォリオを拡大

20231月20

Skypodシステムに新製品が加わり、ExotecはEnd to Endの倉庫自動化
トータルソリューションプロバイダーへとさらに一歩前進

Exotec SAS(本社フランス、クロワ市 CEOロマン・ムラン)は2023年1月18日、新しいコンベヤーシステム「Skypath」、改良型ピッキングソリューション「Skypicker」、新しい独自の倉庫用ソフトウェア「Deepsky」の3つの革新的ソリューションで製品ポートフォリオを拡大すると発表しました。

世界的なインフレ、経済的逆風、労働力不足がサプライチェーンに大きなプレッシャーを与える昨今、企業は当面のニーズに対応すると同時に、予測不可能な未来に備えるという困難な対応に迫られており、そのためには、経費削減をしつつもより多くのビジネスチャンスをつかんでいくことがますます重要になっています。

このニーズに応えるため、Exotecでは、Skypodシステムと統合可能な新しいコンベヤーシステム、ピッキングソリューション、および独自の倉庫ソフトウェアをリリースします。新製品には、Exotecの特徴であるモジュール式デザインを活用しており、お客様は既存のシステムに簡単にそれらの新しいソリューションを追加し、激しく変化するニーズに対応することが可能となります。そして、これらの新製品によりExotecのビジョンである「人間がよりスマートに働くことができる完全に自動化された倉庫」の実現に近づくことができます。

新製品の概要は以下の通りです。
● Skypath※1は、最大処理量毎時3,000ビン/トレイに達するモジュール式コンベヤーシステムです。モジュール式デザインは、直線、曲線、傾斜のビルディングブロックから構成され、様々な物流のニーズやレイアウトに適合し、お客様のニーズに容易に対応することができます。
● Skypickerは、最新の倉庫に対応したスマートなピッキングソリューションです。機械学習アルゴリズムを搭載しており、各アイテムの重量とサイズを自動的に検出して、配置可能なスペースに最適な方法で準備コンテナにアイテムを配置し、スムーズなパッケージ処理を実現します。今回のシステム改良により、Skypickerは1時間あたり最大600個のアイテムを確実かつスムーズにピッキングできるようになりました。
● Deepskyは、大多数の倉庫管理・制御システムとシームレスに統合できる倉庫用ソフトウェアです。データやメッセージを自動的に収集し、あらかじめ設定されたダッシュボードにフィードしてすぐに可視化し、安定したパフォーマンスを実現するための最適化に貢献します。
※1:日本での出荷は2024年を予定しています。詳しくはお問い合わせください。

ExotecのCEO兼共同設立者であるロマン・ムランは、次のように述べています。
「これらの新しいイノベーションにより、当社は幅広い業種の様々なお客様固有のニーズに合わせて柔軟に対応する効率的で拡張性の高いモジュール式の倉庫運営を可能にします。また、業界をリードする30以上のブランドをサポートしている経験と実績を基に、私たちは最も差し迫った倉庫のニーズについて独自の視点を提供し、継続的なイノベーションによってお客様の価値をさらに高めていくことができます。」

EXOTECの自動ピッキングソリューション「Skypodシステム」に関し詳しくはhttps://www.exotec.com/ja/skypodシステム/ をご参照ください。

Exotecについて
Exotecは、世界最大手のブランド向けに、洗練されたGoods-to-personの倉庫ロボティクスソリューションを提供しています。当社では、業務効率化、耐障害性と回復力を高め、倉庫作業者の負荷を軽減し、労働条件を向上させるフレキシブルな倉庫システムを構築するため、最高性能のハードウェアとソフトウェアを組み合わせています。Carrefour、Decathlon、GAP、UNIQLOといった業界をリードする30以上のブランドが Exotecを利用してオペレーションを改善し、ビジネスモデルや顧客の期待の急速な変化に対応し、利益を上げています。詳しくは Exotec.com(https://www.exotec.com/ja/)をご参照ください。

<本件に関する報道関係者のお問合せ>
EXOTEC NIHON 株式会社
Marketing Director 丹生 孝正
E-mail:marketing.japan@exotec.com