ヨドバシカメラ、小売り物流やeコマースにおけるフルフィルメント効率化に向けExotecのSkypodシステムを採用

202212月7

Exotec SAS(本社フランス、クロワ市
CEO ロマン・ムラン)の 100%子会社である Exotec NIHON 株式会社(東京都港区
取締役社長 立脇竜、以下 Exotec)は
2022 年 12 月 6 日、大手家電総合量販店の株式会社ヨドバシカメラ(東京都新宿区
代表取締役社長 藤沢和則氏、以下ヨドバシカメラ)が Skypod システムの採用を決定し、同社の複数の倉庫施設に設置、運用するためのパートナーシップ契約を締結したと発表しました。


Exotec の自動ピッキングソリューション「Skypod システム」は、12 メートルの高さまで昇降する 3 次元立体走行自動搬送ロボットによって高密度保管を可能にします。更に、負荷の高い従業員の手作業を自動化し、倉庫業務全体を効率化することによってフルフィルメント時間の短縮を実現します。

「Skypod システムが実際に稼働している倉庫の様子をこの目で確認した上で、注文処理に対する応答スピードや、市場ニーズの変化に対して容易にシステムの拡張が可能な柔軟性が、ヨドバシカメラが求める倉庫の自動化と効率化に対する最適解であると判断し、採用することを決定しました。倉庫パフォーマンスの向上にむけ、Exotec には大きな期待を寄せています。」
株式会社ヨドバシカメラ 代表取締役社長 藤沢 和則氏

Exotec SAS CEO 兼共同創立者の ロマン・ムランは「ヨドバシカメラに Exotec のソリューションをご採用いただいたことを大変嬉しく思います。日本は Exotec にとって重要な市場であり、日本での継続的な展開を目の当たりにし大変興奮しています。」と歓迎の意を表し、更に以下の様に述べています。「Exotec にとって、日本市場への最初の進出は 2019 年のユニクロとの取引でしたが、今回のヨドバシカメラとの新しいパートナーシップは、私たちの Skypod システムがもたらす価値が日本市場でも認められたことを意味していると考えています。このパートナ
ーシップによって、我々は日本を足掛かりの1つとしてグローバル展開をさらに加速させ、2025 年に倉庫ロボティスク業界でトップに飛躍するという目標にまた一歩近づきました。

EXOTEC 取締役社長の立脇 竜は「ヨドバシカメラ様は実店舗に限らず、ウェブサイトでも商品購入のし易さや配送スピードの速さなどで消費者から高い支持を得ている e コマースの雄であり、複雑なオムニチャネル物流においても威力を発揮する Skypod システムの利点を最大限に活かせると確信しています。」と述べています。更に「我々は、日本におけるお客様サポートを確固たるものにするために組織を強化しており、2023 年末には 100 名まで人員を増強する予定です。今回のヨドバシカメラ様とのパートナーシップ契約では、その真価を大いに発揮し、一丸となって導入と運用を成功に導きます。また、世界戦略と照らし合わせ、2025 年に日本市場において物流マテリアルハンドリング業界でのTop.5入りを実現すべくビジネスを拡大していく所存です。」との決意を表明しました。


EXOTEC の自動ピッキングソリューション「Skypod システム」に関して詳しくは
https://www.exotec.com/ja/skypod-システム/ をご参照ください。

Exotec について
Exotec は、世界最大手のブランド向けに、洗練された Goods-to-person の倉庫ロボティクスソリューションを提供しています。当社では、業務効率化、耐障害性と回復力を高め、倉庫作業者の負荷を軽減し、労働条件を向上させるフレキシブルな倉庫システムを構築するため、最高性能のハードウェアとソフトウェアを組み合わせています。Carrefour、Decathlon、GAP、UNIQLO といった業界をリードする
30以上のブランドが Exotec を利用してオペレーションを改善し、ビジネスモデルや顧客の期待の急速な変化に対応し、利益を上げています。
詳しくは Exotec.com(https://www.exotec.com/ja/) をご参照ください。

<本件に関する報道関係者のお問合せ>
EXOTEC NIHON 株式会社
Marketing Director 丹生 孝正
E-mail:takamasa.nibu@exotec.com

共同ピーアール株式会社
EXOTEC NIHON 株式会社 PR 担当:仙場 、大川
TEL:03-6260-4863
E-mail:exotec-pr@kyodo-pr.co.jp

共有